最近では留学をする人が増えてきましたが
こんな理由で海外に行ってもいいのか
勇気がつかない方もたくさんいると思います。

実際に留学をされている方の大きな目的は
もっと話せるようになりたいという英語力の向上です。
グローバル化が著しく大学に留学をしに来たり
一緒の会社で働くようになったり日本に来る外国人の数は増えています。
しかし英語がこれだけ身近になっていても
日本人の多くは英語を話すことが出来ません。
これは何故なのかと言うと
日本では英語をアウトプットする機会がないからだと考えられます。
日本で行われている授業のほとんどが
インプット型の授業で
リーディングやリスニングをメインとした授業でした。
話すと言う行為はアウトプットに当たるため
いくらインプット型の授業を受けて知識を蓄えても
使う機会がなければなかなか英語力は伸びません。
また詰め込み型の勉強をしていても使わなければ
ほとんど学んだことを忘れてしまいます。
日本でも英語は勉強出来ますが
アウトプット出来る環境が整っていないので
留学をして話さなければいけない環境に
身を置くこともしっかりとした留学をする理由になります。
学校の授業中だけでなくクラスメイトとランチをしたり
ホームステイ先で土日の買い物をしたり
全てを英語の練習と思い生活をすることで
普段教科書を使って勉強をするよりも
実際にネイティブが使っている
生きた英語の表現を学ぶことが出来ます。
英語力を伸ばしたい方はぜひ一度検討してみることをおすすめします。