育毛シャンプーと育毛剤の違い

育毛シャンプーは従来のシャンプーとは違い、増毛効果を期待するものですが、育毛剤とは期待される効果に違いがあります。

育毛剤は髪を成長させたり、頭皮の血行を促進するための成分が多く含まれていて、育毛にダイレクトに効くという特徴があります。それに対し育毛シャンプーは、頭皮の環境を整え、薄毛になりやすい頭皮を改善していく効果が期待できます。

髪にトラブルを抱えている人の多くは、脂っぽい頭皮であったり、頭皮にフケが多い、あるいは湿疹やできものができやすいケースが多く、これらを改善することで、頭皮という土壌を豊かにしていくのです。育毛シャンプーで頭皮のコンディションを整えた上で育毛剤を使用することで、より高い効果を得ることができます。

育毛シャンプーを使用するだけで髪が増える場合もあります。また、最近は薄毛に悩む女性も多く、男性だけでなく、女性にも育毛シャンプーは支持されています。従来のシャンプーとは違い、血行を促進する効果が含まれてるものもあり、心臓病にかかっている人は使用しないでくださいと書かれているものもありますので、購入する場合は注意書きをよく確認することが大事です。

また、アトピーや皮膚炎を持っている人も頭皮がデリケートになっていることがあり、症状が出た場合は使用を中止する必要があります。

実際には、使用することで症状が出た実例はほとんどないようですが、もし心配ならば、かかりつけの医師に相談するなどして選ぶようにします。

チャップアップについてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です